女子力アップの教科書

女子力アップを目指している方!女子力の高いキレイな女性に憧れている方!その方法教えます♡

まつ毛が抜ける悩みを解決!自宅で簡単にできるまつ毛のセルフケア方法

f:id:takashitakashix:20181229065850j:plain

長くふさふさしたまつ毛は、瞳を強調して美しさを際立たせます。
そんな健康的なまつ毛に憧れている女性も多いでしょう。
今回は、自宅で出来るまつ毛のセルフケアの方法とコツをご紹介してまいります。

まつ毛ケアはこんな人におすすめ

f:id:takashitakashix:20181229070159j:plain

まつ毛の役割は、目を汚れや異物から保護することや目の乾燥を防ぐことです。
さらに、まつ毛の長さや多さは瞳の印象を大きく変える効果があるため、まつ毛へのメイクも多様化しています。

メイクをするにあたって、まつ毛を長く見せるためのマスカラやビューラーを使用する方は多いでしょう。
しかし、毎日のまつ毛へのメイクは負担となってしまい、まつ毛が少なくなったり短くなってしまったりと不健康な状態に導く結果となることもあります。

・まつ毛が抜けやすい
・目の乾燥が気になる
・目元の小じわやシミが気になる

以上の3点のうち1つでも当てはまる方は、まつ毛ケアをおすすめします。

まつ毛ケアは目元の負担を軽減させることから

f:id:takashitakashix:20181229070442j:plain

目元は皮膚が薄いため、ダメージも大きく感じやすい部分です。
まつ毛を健康的に育むためには、目元の負担を軽減することから始めましょう。

目元の負担となる主な原因は、「アイメイク」「誤った洗顔方法」です。
アイシャドウやマスカラなどのアイメイクは毛穴を詰まらせてしまい、まつ毛の育毛を妨げてしまう恐れがあります。
また、まつ毛をカールさせるビューラーも引っ張る力が加わることで、まつ毛が抜けやすくなる原因となります。

さらに洗顔時の摩擦によってもまつ毛に悪影響を及ぼすなど、目元の負担となる原因は多く存在するのです。

ビューラーの使い方に気を付けよう

ビューラーを使用する際に気を付けなければいけないことは、まつ毛を引っ張らないようにすることです。
強くカールさせたいからとまつ毛を引っ張ってしまうと、まつ毛が抜けやすくなったり目元の皮膚への負担が大きくなってしまいます。

まつ毛や目の周辺に負担をかかりにくくするためには、ご自身に合ったビューラーを使用しましょう。
選ぶポイントはビューラーのカーブがご自身のまぶたのカーブと同じものであることです。

さらにビューラーのゴムは日々使用していると劣化するため、ゴムに亀裂が入る・汚れが目立つなどの変化が生じたら、すぐに新品のものに交換しましょう。
また、ビューラーのゴムは反発力が大きい程、少ない力でまつ毛のカールができます。
新品のうちは反発力が保っていますが、使用していくうちに反発力も低下してしまいます。
なかなかカールがしにくいと感じたら新品のものに交換しましょう。

アイメイクは正しい洗顔で落とそう

まつ毛を健康的に育むためには、アイメイクをしっかり落とすことが重要です。
しかし、しっかり落とす際にゴシゴシ洗うことは避けましょう。
アイメイクを落とす際は、クレンジングで目の周りは円を描くように優しく落とすことがコツです。
落としにくいアイメイクの場合は、目元専用のリムーバーを使用して摩擦がかからないように心掛けましょう。

強い洗浄力のある洗顔料はNG

しっかりメイクを落としたいからと、強い洗浄力のあるクレンジングや洗顔料は選ばないようにしましょう。
洗浄力が強いと、必要な皮脂まで奪われてしまい乾燥肌を招きます。
乾燥肌は肌荒れやシワなどの肌トラブルの元になるため、必要以上の洗浄はかえって肌への負担となります。

洗顔後は保湿重視!

f:id:takashitakashix:20181229070923j:plain

洗顔後は肌が乾燥しやすい状態となっているため、すぐに化粧水で保湿を行なう必要があります。
目元は保湿を念入りに行なってまつ毛ケアをしましょう。
アイメイクを日頃行なっている方は特に目の周辺の負担が大きいため、乾燥が進みやすくなります。
乾燥によって引き起こされるトラブルは、小じわやシミだけではなくまつ毛の成長にも大きく関わります。
健康的なまつ毛を育てるには、保湿力で目元を保護しましょう。

目元の保湿は化粧水だけではなく、目元専用の美容液やアイクリームを使用することをおすすめします。
特にこっくりとしたテクスチャーのものはメイクオフ後のケアに使用しましょう。
メイク前の濃厚なテクスチャーの目元専用美容液の使用は、メイク崩れの原因となるため避けましょう。
メイク前のスキンケアでは、さっぱりとしたテクスチャーの目元専用美容液を使用しましょう。
朝と夜のスキンケアは使い分けることも必要です。

保湿によって得られる効果

肌への保湿はターンオーバーを正常化させて肌トラブルから守る効果が大きく挙げられますが、まつ毛の成長にも大きく関わることです。
まつ毛の毛周期は1ヶ月から3ヶ月となり、毛周期が正常化させるには保湿が要となります。
乾燥した肌状態ですと、まつ毛と毛穴の間隔が空いてしまうために抜けやすくなってしまったり、ターンオーバーが滞りやすくなってしまうためにまつ毛の成長も滞らせてしまいます。
乾燥を防ぎ栄養を保湿によって閉じ込めることで、まつ毛の成長を促進させることができます。

【まとめ】正しいケアでまつ毛を綺麗にしよう

f:id:takashitakashix:20181229071313j:plain

今回、まつ毛のケア方法を中心に解説してまいりました。
目元で顔の印象が大きく変わるため、アイメイクを行なう女性も多いでしょう。
しかし、アイメイクによって目元の負担を大きくさせてしまうことがあります。
大事な目元だからこそ、正しいケアを行ないましょう。